読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道玄坂日記

ライトアップ代表の白石が日々の出来事と自社の宣伝を書いています。今は宮益坂側にいます。 ちなみに、(株)ライトアップとは元CA社コンテンツ部門スタッフが独立し2002年に創業したネット企業です。現在創業15期目、社員80名の新規事業を延々と実施する会社です。→ http://www.writeup.jp

30万ユーザー登録時点で1日の売り上げが100万円くらい

ネット系のいろいろな会社の方とお話していると、ここ一年で、会社が二極化してきている、大きな流れを感じます。
どの業界もそうですが、これも近い将来の寡占化につながっていくのでしょうか。

ここ最近、上手くいっている方の企業は、軒並みソーシャルアプリに力を入れています(弊社はやっていないですが)。


本日のCNETにこんな記事が。


DeNA取締役の守安功氏インタビュー
「30万ユーザー登録時点で1日の売り上げが100万円くらい」
http://japan.cnet.com/interview/story/0,2000055954,20408451,00.htm


30万ユーザで一日100万円くらいを目安にアプリ(を開発して欲しい的な)をどんどん提供していきたいという内容です。

mixi、モバゲー、GREEと3社がソーシャルアプリに対応することで、今年は年間200億円くらいの市場規模になる見込み。

2000年から成長し続けるSEO市場が、180億円くらいですから、スゴイ。
ある日突然、太平洋に四国くらいの大きな島が浮き上がってきたくらい、インパクトある話です。

そして、その四国は、早い者勝ちの土地。

その流れに上手くキャッチアップできたネット企業が、再び、成長路線にひた走っています。
私の知り合いでも、受託制作業務を大幅に縮小し、余剰人員を全てソーシャルアプリ企画開発に振り分けた会社が複数社あります。みんな成功すると良いですね。

#この話のミソとして「早めに」「ちゃんと」やれば、全員が成功する可能性があるという


ソーシャルアプリ以外には、twitterが昨年後半からブレイクの兆しを見せています。
ここでも、いち早くtwitter関連の様々なリリースが出ています。
http://japan.cnet.com/search/search.htm?q=twitter

弊社でもtwitter上の企画や運用代行の話がいくつか来ています(興味有る方、いつでもお問い合わせをお待ちしています)。

とはいえ、こちらの方は、ブログやSNSの延長線上に存在するツールのような気がするので、ソーシャルアプリとは少し違った「インフラ」的なとらえ方をする必要がある気もします。
利益を上げるサービスを生み出すには、もう少しサービスの流れを見極めて、提供サービスの方向性を考える必要があるかもしれませんね。


そんな中、弊社も今月は決算月です。
皆様のおかげもあり、無事に月末を迎えられそうです。

他社が「流れ」に波乗りするタイミングを重視する中、私自身は、何の流れも波もないところで事業を作ることができないか・・・そう思っています。

30万人で一日100万円は難しいですが、事業的な浮き沈み無く、粛々と「意外な」サービスを開発していきたいです。

来月3つ位リリース予定。
楽しみです。

#ご興味有る方はtwitter上で私までご連絡ください(やはり流れも研究したいので:笑)