読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道玄坂日記

ライトアップ代表の白石が日々の出来事と自社の宣伝を書いています。今は宮益坂側にいます。 ちなみに、(株)ライトアップとは元CA社コンテンツ部門スタッフが独立し2002年に創業したネット企業です。現在創業15期目、社員80名の新規事業を延々と実施する会社です。→ http://www.writeup.jp

喜んでくれる人を探す才能

一日の報告・近況

今年も、後一週間ちょっと。早いものです。

ちなみに、弊社は、12月28日〜1月3日まで年末年始休暇を全社的にいただきます。

御手数をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願いします。

本日、年上の業界経験者の方との採用面談がありました。

自分なりの価値観をきちんともたれている優秀な方でした。

その方との会話の中、こんな言葉が。

「この案件をこなすことで誰が喜ぶのか、それが自分で分かるか分からないかが、クリエイティブな業界に居続けられるかの基準なんでしょうね」

どんな仕事でも、かならず喜んでくれる誰かがいると思います。

どんなテーマのコラムでも、どんな分野のブログサイトでも、SNSでも。

そのとき、今、目の前にある企画を形にすることで、誰が喜んでくれるのか、それが自然に分かる人はどんな案件でもきちんとこなしていくことが出来るのでしょう。

そして、そんな仕事を日常生活として一生続けていくことができるのでしょう。

・・・つまるところ、そんな話でした。

インターネットは紙媒体に比べて、はるかにたくさんの人の目に触れることが出来る媒体です(TVには負けるかもしれませんが)。

見てくれる人の喜びを想像すればするほど、きっと良いものが出来るのではないかと思います。

どの仕事にも共通する考え方なのかもしれませんが、特にネット系のさらにクリエイティブ系の業務に関しては大切な考え方だと思いました。

#この日記も、更新し始めて丸2年。誰かの何かの役に立っていると良いですが(笑)