読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道玄坂日記

ライトアップ代表の白石が日々の出来事と自社の宣伝を書いています。今は宮益坂側にいます。 ちなみに、(株)ライトアップとは元CA社コンテンツ部門スタッフが独立し2002年に創業したネット企業です。現在創業15期目、社員80名の新規事業を延々と実施する会社です。→ http://www.writeup.jp

ムーブメントの作り方

一日の報告・近況

お疲れさまです、白石です。

昨日、Gree収益モデルの秘訣を探りに、話題の映画「アバター」を見てきました。

本格的な初の3D映画として、かなり面白かったです。

 

3D映像がかなりリアリティがあり、見ていてとても疲れました(笑)。

実際に3Dめがね的なものをかけて映画を見るのですが、オープニング映像から「おおっ」という会場のどよめきもできるような、そんな驚きが。

20年前のつくば万博での鉄鋼館を思い出した人も多いはずです(皆さん、みました?)。

 

私の座った席が、前列の端の方で姿勢が悪かったのと、めがねが(普段裸眼なので)重かったのと、3D映像に「視点が大きく動く」のとで、終わったあとは本当に目が疲れました。

そして、ストーリーもかなり考えさせられる内容のため、頭も疲れました。

 

そんなアバターですが、続編も製作される見込みとのこと。どんなに疲れても、次回もまた3Dで見ようと思います(ただし、座席は正面で)。

 

家電メーカーはアバターのヒットにとても期待しているそうです。

来年続々と発売される3D対応の液晶テレビ。その普及に大きく貢献できる「ソフト」だと思います。

こうやって、新しい商品のムーブメントが作られていくのだろうと感じました。

 

 

ただ、Greeとモバゲー、そしてmixiの戦いの結論は、結局よくわかりませんでした。