道玄坂日記

ライトアップ代表の白石が日々の出来事と自社の宣伝を書いています。今は宮益坂側にいます。 ちなみに、(株)ライトアップとは元CA社コンテンツ部門スタッフが独立し2002年に創業したネット企業です。現在創業15期目、社員80名の新規事業を延々と実施する会社です。→ http://www.writeup.jp

正規雇用労働者育成支援奨励金を活用した新卒・若手研修代行サービス

弊社では昨年末より人材事業(特に新卒や若手の紹介)を始めています。

お陰様で売上も安定的に経つようになり、一部顧客からは幸いにも大変高い評価をいただいております。競合他社からの乗り換えも有り、一年後がかなり楽しみな状況です。

●6月11日(火)に新卒採用イベント開催とのこと。詳細はこちらです。

その人材事業に、研修サービスが新しく登場します。

このサービス、単なる研修代行ではありません。

助成金をきちんと活用して「実質無料で新卒研修を実施しよう」という内容です。

2013年4月、教育奨励金が新しくなりました。

正式名称は「正規雇用労働者育成支援奨励金」です。

3行で説明すると、こんな仕組みです。

 情報通信業や製造業などの企業は

 正社員を社外の有料研修に

 500万円まで無料で参加させられる。

素敵です。

企業はみんな使うべきです。と断言したくなるくらい良い仕組みです。

実はこの制度、昨年度もありました。

そして、上限500万円→「無制限」だったそうです。

しかし、一部の企業があまりにこの助成金を使い、5人くらいの会社が年間で4000万円くらい使ったという事例もあるとか無いとか(提携している社労士の方が苦笑いで言っていました)。

そして、今年から上限ができてしまったそうです。

個人的には今年からの方がいいと思っています。

500万円以上のコストを社外研修にかけられる会社は、そもそも大手企業のはずです。大手企業は頑張って社内でやったもらった方がよろしいかと。

その分、やる気のある中小企業のみがこの助成金を使うようになる方が重要だと思っています。

今年は500万円という助成金の上限が出来てしまい、各種研修会社も、多少テンションが下がり気味です。

研修サービスの提供をやめてしまう会社も出てきています。

そんな時こそ、弊社が参入し、安定したビジネスルールのもと、新しい風を吹かせていきたい、と思っています。

単に人を紹介するだけではなく、その人が一人前になる手伝いまで一緒にさせていただく。そしてそれが実質無料で提供できる。

目指す理想に、また一歩近づけそうかな、そう思っています。

正規雇用労働者育成支援奨励金

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/ikusei/dl/02-pamph.pdf

seikikoyo.jpg

企業は人です。