道玄坂日記

ライトアップ代表の白石が日々の出来事と自社の宣伝を書いています。今は宮益坂側にいます。 ちなみに、(株)ライトアップとは元CA社コンテンツ部門スタッフが独立し2002年に創業したネット企業です。現在創業15期目、社員80名の新規事業を延々と実施する会社です。→ http://www.writeup.jp

気がつけば、社員が100名になりました(感謝!)

お世話になっております、ライトアップ/Jマッチの白石です。

めっきり寒くなりましたが、一年前からはじめた登山は月に2回というノルマを頑張って達成し続けています。まだまだ飽きません。

 

話は変わりますが、5年ほど前でしょうか、とある大手求人媒体に求人出稿をする際に

「弊社の制作スタッフに御社の取材をさせて下さい。それを元に企業ページを作成しますので(別途10万円・笑顔)」

という有りがちなリクエストをいただき、一年目の新卒と3年目の先輩と思わしき若手二人の営業の方がいらっしゃいました。

 

「では初めに、御社の事業計画を教えて頂けますか?」

『はい、えー、事業計画というとどのレベルで話せば良さそうでしょうか・・?』

「3年後の社員数とかをお願いします」

『社員数ですか~、うーん、そうですね。数字目標自体は明確にはないんですが』

「はい、分かりました(事業計画は特に無し、メモメモ)」

 

いえいえ、ちゃんと事業計画書は毎年3年分作成してますので!事業計画ありますんで!と慌てて訂正しました(笑)

 

もともと私自身、数字自体にさほどときめくタイプではなく、数年後の売上金額を●●億円にしたい!とか社員数を●●●人以上にしたい!と思ったことはほとんどありません(立場上主張するときもありますが主に外部株主に向けて…であったり)。それよりも、いかにして世の中に対してポジティブなフィードバックを返すことが出来るサービスを作ることができるのかどうか、更にはそれを死ぬまでにいくつ作ることができるのか、といったことに強い価値を感じています。

故に、売上や人数の希望を聞かれると「うーん」と悩んでしまうことが多いです。

 

そんな私ですが、今月ふと「社員数、何名だろう」と気になり、管理グループのTマネージャーにハングアウトを送ってみました。するとこんな返信が。

 

「ちょうど100名ぴったりです」

 

おお!
自身が持つ経営の嗅覚に我ながら驚きました(笑)

 

過去、正社員が93名まで増えたことがあり(だいぶ前)、そこから様々なマネージメント上の問題が発生し、同時に売上的にも勝手にバブルが弾け、しばらく売上は横ばいを続けました(その分商品構成は変わり、かなり体質改善はできましたが、それはまた別の機会にでも)。そして中途採用をほとんどしなくなったことにより(年間数名くらい)、社員数は少しずつ減少していきました(ただし、決してネガティブな理由だけではなく、一人あたりの売上と利益はいいペースで増やすことができました)。
そして、正社員が70名を切る頃には、HPや資料に社員数約80名と書くのもマズイのではないかと思い始めました。

そんな中、4年前に業績の谷間を超え、再度成長期に入りました。

幸い弊社はもともと中途入社の社員はほとんど退職せず長い期間働いてくれる方が多いです(入社後に結婚する人が多い印象)。新卒は残念ながら他社と同じような離職率でした。しかしながら、現時点ではその新卒の離職率が4年前と比べると劇的に改善してきました。

また、採用自体は既存社員からの紹介(リファラル)に特化し、現在はほぼ100%が社内の誰かの紹介となりました。

更には、3年前から「将来は正社員比率40%を目標にします。それは社員を減らすのではなく、外部の優秀な人材を幅広く取り込み、新しい時代の新しい組織形態を作っていくためです」宣言し、実際にそのように組織体制と皆の意識を変化させていきました。その一環として、仲のいい外部の方にほぼ社員として出社してもらうようにしました(もうほぼ身内。ほぼ社員。ちゃんと月額固定費も支払っています)。

上記のような方は全体からするとまだ10%以下と極小数ですが、将来的には倍増させていきたいと思っています。

 

ということで、正社員も増え、ほぼ社員も増え、正社員の在宅勤務社員(ちゃんとテレワーク制度を就業規則で定めてしっかり運用しています!東京都から広報誌の取材も受けました。お子さんのいるママさん社員が今はほとんどです)も増え、今月2名の中途入社の正社員が入社したことでいつの間にか大台を超えることができました。

 

念のために記載しておきますが、数字にときめかない私でも、とても嬉しいです。
弊社や私個人の周囲にいる皆さん、いつも様々なご支援、本当にありがとうございます。そして、今後共変わらぬお付き合いの程、よろしくお願いします!

 

と堅い文章になってきましたので、最後に登山の話でも。

「なんで、そんなに登山にハマったんですか?」

これは最近聞かれる質問ベスト3の2番目くらいなのですが、私自身も不思議でいろいろと考えています。

結論として「積み重ねた努力の量に正比例して、素晴らしい景色を見ることが出来るから」と回答しています。たぶんそんな感じです。

会社経営を初めて17期目、上り調子のときもあれば下り調子の時もあり、悲喜こもごも、上がったり下がったりしながら、前に進んでいく。ヤビツ峠から塔ノ岳に向かう道のりのようです。そして山頂にたどり着いた時に見ることが出来る景色の素晴らしさは、その努力の合計。頑張って登った分だけ素晴らしい眺めを味わうことができます。
わかりやすい。本当に納得感があるわかりやすい事象です。

起業と登山は似ていると以前ブログに書きましたが、より正確に言うならば「会社経営(10年とか)と登山は似ている」が正しいかな、と今は思っています。社歴の長い私は、最近は一日で25kmとか山歩きしてますw

 

何事も継続することが一番大変です(GRID!)。新しい勢いのある会社はたくさん出てきていますが、社歴だけは追いつかれない!を心の支えに、また次の山の頂へと向かいたいと思います。

 

では!

 #101人目の社員になってみたいという方は、いつでも私まで直接ご連絡ください

 

f:id:shiraishi2002:20171117195747j:plain

f:id:shiraishi2002:20171117195758j:plain

アントレフェア2017で講演をしました。

お世話になっております、ライトアップ/Jマッチの白石です。

先日、最近色々とご一緒する事が多いリクルートさんからのご依頼で、アントレフェア2017で講演をしてきました。起業に使える公的支援制度、的な内容です(Jマッチ)。

f:id:shiraishi2002:20170925171324p:plain

当日のプログラムを見るとわかるのですが、私の直前に東国原さんが。その後、私がトリを務めさせていただくという流れに。東さん(と馴染み深い呼び方で)のスケジュール都合と思われますが、大役でございます。


「せっかくなので、東国原さんの講演も聞いてみよう」


と、会場である東京ドームシティに2時間ほど前に到着し、早速後ろの方の座席に着席。会場は200席ほど、そのほとんどが埋まっています。
東さんと言えば、たけし軍団から早稲田大学生、そして宮崎県知事から国会議員へと波乱万丈な人生をおくられています。アントレフェアでどんな話をされるのか、とても楽しみです。


「それが私とたけしさんの出会いだったんです~~」


60分の内、おおよそ40分はたけし軍団での話でした(笑)。
それがなかなか面白く、あっという間に時間が過ぎていきます。後半20分は宮崎県知事選挙の苦労話からはじめて県庁に登庁したときのエピソード。「この中で、裏金をもらっている人はいませんか?」で始まる最初の朝礼での挨拶など、なかなか刺激的な話でした。

独立起業とは本当に直接的になんの関係もない話でしたが、一方で、あの話を聞いて「自分も頑張ろう!」と思った方はたくさんいたと思います。

ちなみに、出だし10分くらいまでは一切笑いも起きず(話の内容もシモネタが多少混じっており)、このままシーンとした雰囲気で進むのかと思って聞いていたのですが、東さんは会場の冷静な雰囲気に負けず「身振り手振りを大きくとり」「メリハリの有る語り口で」「わかりやすい表情を付けて」話をし続け、15分以降は会場は大爆笑。見事に会場と一体化していきました。さすが元一流お笑い芸人。その表現力は素晴らしかったです。

 

そこから30分ほど休憩をはさみ、いよいよ私の講演の番です。会場を見渡すと、バーンと30名前後。さっき200人近くいなかったっけ?おおよそ100名くらいの人は東さんの講演を聞いてご帰宅されております。


「きっと、気のせい」


とあまり落ち込まずに、司会の方のご紹介に合わせ、(逆に)テンション高く登場し話始めました。

 

60分後、結果はともうしますと、おそらくは過去最高の出来でした。弊社からは4月入社の新卒1人しか会場にはおらず、しかもその新卒は私の講演を聞くのははじめてだったので「過去最高」と証明することは出来ないのですが(笑)、自分でも久しぶりに「やりきった!」と感じる60分にすることができました!その新卒からも「白石さん良かったですよ」と冷静に褒められました。大物。

 

■上手く言った理由(勝手にまとめ)

・東国原さんの講演を見て、自分自身の声の抑揚や足の運びなど表現力が上がった
・演台が1.5mくらい高く設定されており、会場全体を見渡せた
・プロジェクターが300インチ位と大きく、舞台を走り回ることができた
・右側最前列に途中から大笑いしてくれるおばさまがいた(手を叩いて喜んでいた)
・「起業にチャレンジしたい」という共通の思いを持つ人のみが集まっていた


60分終了後、アントレの編集長さんにはじめてお会いし、良かったですとお声がけいただきました。色々と準備に時間を掛けた甲斐もありました。
セミナー講師自体、今年は一切受けておらず、とても久しぶりだったこともあり、本当に楽しく出来ました。

講演後の満足度アンケートなどは特に無かったので実際に聞かれた方の感想はわかりませんが、個人的にこういった講演を受ける際は、毎回「全講演者の中で絶対にNo.1の満足度を取る!」と真剣に考え、資料作りから当日のプレゼンまで望むようにしています。今回、自分が一位であるだろうと思える出来だったと感じることができ、本当によかったです(顧客満足度もまずは自己満足から!)。

 

来月10月下旬にはマイクロソフトさんの本社イベントで同じような中小企業への経営支援の講演が昨日決まりました。
この次も、東国原さんに負けないよう、わかりやすい、かつ「聴いた人が元気の出る」講演が出来るよう、内容と表現力の両方を磨いていきたいです。


来月のマイクロソフトさんでは上手く出来たのかどうか、また本ブログでご報告いたします。

 

今まで、セミナー講師や講演などは何百回も担当しました。本当に数え切れないほどです(一日4回とかもありました)。自分自身ではある程度スキルが上がりきったと(油断すると)思ってしまいそうになりますが、今回は本当に良い経験になりました。
データ通信量とスキルには上限を設定しない方がいいですよね。これからも上限を気にせず、頑張っていきたいと思った一日でした。


追伸.
週明け電話があり「講演を聞いて起業を決意しました。PC教室をはじめます!ありがとうございました。」とお礼を言われました。嬉しいです。皆さんのチャレンジ、成功を心より祈っています!Jマッチで全力で支援致します。

f:id:shiraishi2002:20170925171344p:plain

www.jmatch.jp

 

燕岳は晴天なり!

お疲れ様です、白石です。

昨年8月から登山を初めて早一年、ついに先週「北アルプス」に登ってきました。

そのあたりの経緯はこちらの過去記事をご参考ください。


あれから1年、YAMAP換算で「16の山」に登り、装備も整え(モンベルにはだいぶ支払ったー)、山ラーメンも食べ、来年の目標は「起業に必要なことは全て登山から学んだ」という書籍を出版することにしようと思い至るまでになりました。なんだかリクルート出身ぽいですね(念のため:NTT→サイバーエージェント→ライトアップ)。

 

そして先週、ついに北アルプス「燕岳」初の山小屋一泊コースで登ってまいりました!

結果からいいますと「最高!」でした。

燕岳を選んだのは、次の3点からです。

1.新宿から土曜日7:30の電車で行ける(あずさ3号)
2.日本で一番快適な山小屋「燕山荘」がある
3.北アルプスの「女王」と言われている(優しそう…)

 

毎回、山を登ると思うのが、本当に起業や会社経営と似ているところがあるなと感じています。

・登りは疲れるだけだけど、頂上に上ると全ての苦労を忘れ感動する
・前日の準備は重要
・水や食料が尽きると、突然足取りが重くなる
・水を飲みすぎると疲れやすくなる
・天気が悪いと遭難する
・1人で登り始める人が多い
・下りは楽だけど膝を壊す
・上りと下りが交互に来る山は結果的に体力が温存できる
他多数

書籍になりそうな気がしてきました(笑)。出版の予定は全くありませんが、体力と同時に経営力を鍛えていると信じて、2年目も月一くらいで登っていきたいと思います。

 

そんな燕岳の写真を是非ご覧ください。 

 

まずは登山口から。新宿から2時間30分で穂高駅に。そこからバスで50分ほどで到着です。登山届けを出して出発です!

f:id:shiraishi2002:20170720194743j:plain

 

途中、川で水を汲むことができます。南アルプス天然水が、北アルプス天然水に!

 

大学生のサークル?楽しそうです。山では出会う人全てに「こんにちは~」と挨拶します。燕岳は休憩ベンチが50分ごとに5箇所設置されているため、毎回この団体さんとは挨拶を交わして登っていきました。

f:id:shiraishi2002:20170720195021j:plain

 

途中「合戦小屋」という茶屋があります。ここでは名物スイカを食します。暑い日差しの中のスイカは本当に美味しいです。甘かった! 

f:id:shiraishi2002:20170720195138j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720195254j:plain

 

さあ、燕山荘に着きました。中はこんな風になっています。ご飯も美味しく、快適でした。

f:id:shiraishi2002:20170720195500j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720195532j:plain

 

燕山荘から見る眺めは、本当に素晴らしいです。目の前に、燕岳山頂が見えますが、明日の朝日を見るために今はまだ登りません。ご来光見えるといいな。

f:id:shiraishi2002:20170720195751j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720195654j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720195820j:plain

 

雪の上にテント。寒くないんだろうか。

f:id:shiraishi2002:20170720195911j:plain

 

でも夜は幻想的でした。

f:id:shiraishi2002:20170720195932j:plain

 

そして、午前3時30分に起きて、燕岳山頂に。日の出は4時30分前後。見えるか!? 山頂には30人位の人が来ています。

f:id:shiraishi2002:20170720195956j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720200045j:plain

 

見えました!素晴らしい朝日です。来てよかった。

f:id:shiraishi2002:20170720200121j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720200132j:plain

 

 

 いやはや、本当に感動しました。


後、イルカもいます。右側の尖っている山が有名な「槍ヶ岳」と思われます。

f:id:shiraishi2002:20170720200217j:plain

 

 

遠近感が軽く狂ってしまうほどの風景です。絶景です。

f:id:shiraishi2002:20170720200455j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720200503j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720200351j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720200442j:plain

 

ということで、5時30分には宿にもどり、朝食を食べます。6時には下山開始です。皆さん準備中。朝が早い!

f:id:shiraishi2002:20170720200332j:plain

 

帰りは、登山口から出ている新宿駅直行の高速バスに5時間ほど揺られて帰りました。

 

富士山に登ったことが過去2度ほどあるのですが、その時の体験よりも遥かに満足感のある感動の登山でした。
今回登った山は2800mくらいですが、富士山はさらにここから1000mも高い。その為周囲に山がなく、雲しか見ることができません。北アルプスは周囲に3000m弱の山がたくさんあり、本当に遠近感が狂うほどの「圧倒的な眺め」を提供してくれます。

 

翌日の月曜日、もちろん筋肉痛になりましたが、テンションはまだ高いです。早速、会社の社員に「北アルプス、行ってみない?」と勧誘をはじめました。皆笑顔で断ってきますが、何人かは興味を示してくれています。

「え?余裕余裕。あっという間に頂上だよ」

と、嘘を言いまくっていますが、まあ、あの山頂の風景を見てもらえれば、私の嘘も許してもらえると思います(笑)。むしろ感謝されるかと。

 

という、一方的な親切の押し売りをしている日々ですが、もし、ここまでの記事を読んでいただき「ちょっと興味あるかも」と思っていただいた方がいましたら、是非個別にご連絡ください。

おそらく「ライトアップと相性が良い!」と思われます。

弊社に入社していただき、来年は一緒に「ライトアップ登山部」として活動していきましょう!

老若男女、性別年齢は一切問いません。
まずはこちらから白石まで直接ご連絡ください!
件名はもちろん「登山部入部希望」と。お待ちしています^^


 

 

広報、AI、サバゲー? ありえない研修をたくさん企画していきたいです。

お疲れ様です、白石です。

はてなブログの更新が空いてしまっていました。すいません。社内ブログや山登りSNSへの投稿に力が入ってしまいました。新卒や中途採用も増えていますので、こちらの社長ブログもしっかりと更新したいと思います!

 

弊社の方で2014年からJマッチと言うサービスを提供しています。中小企業の経営支援にとても効果的で大変好評板だているサービスです。お陰様で会員1万社(しかも広告出してない。クチコミ!?)。

Jマッチでは色々なことにチャレンジしていますが、その中で、今月は複数の上場企業さんと提携し、新しい研修を幾つか用意しています。もちろん各種公的支援制度(補助金助成金・融資制度)との連動も出来ています(費用補助がある)。

 

ご興味有る方、よろしければ是非こちら、ご参考ください。

提携希望の連絡も大歓迎です。

こういった研修を企画・販売してみたいという入社希望の方も大歓迎です!

全国の中小企業に、ありえないような「面白く」「費用も安く」「受講直後からすぐに成果が出る」ようなそんな実践的な研修をこれからもどんどん企画して提供していきたいと思っています!

 

■中小企業こそ「広告」より「広報施策」が重要です!

・7月18日(火) 16:30-18:30
 東証マザーズ上場「PR TIMES社」による「中小企業向け・広報PR研修」説明会
 ※助成金活用可能
 【参加予約はこちら】→ http://www.eventbook.jp/join/2916/shib7

・7月28日(金) 10:30-12:30
 東証マザーズ上場「PR TIMES社」による「中小企業向け・広報PR研修」説明会
 ※助成金活用可能
 【参加予約はこちら】→ http://www.eventbook.jp/join/2917/shib7


■人が採用出来ない時代だからこそ「サービスのAI対応」に活路を!

・7月19日(水) 10:30-12:30
 東証マザーズ上場「サイジニア社」による「AI事業化研修」導入説明会
 ※助成金活用可能
 【参加予約はこちら】→ http://www.eventbook.jp/join/2914/shib7

・7月26日(水) 14:30-16:30
 東証マザーズ上場「サイジニア社」による「AI事業化研修」導入説明会
 ※助成金活用可能
 【参加予約はこちら】→ http://www.eventbook.jp/join/2915/shib7


サバゲー?着こなし?注目の独創的な研修です。若手社員に最適!

・7月21日 (金) 17:30 - 19:30
 ビジネス・アピアランス・マネージメント
 営業成績が上がる着こなしマネジメント研修
 【参加予約はこちら】→ http://www.eventbook.jp/join/2929/shib7

・7月27日 (木) 17:30 - 19:30
 元自衛官が講師!サバイバルゲームを活用した「チームビルディング研修」導入説明会
 ※助成金活用可能
 【参加予約はこちら】→ http://www.eventbook.jp/join/2918/shib7

 

サバゲー研修は私も参加しましたが、笑ってしまうくらい筋肉痛になりました(笑)

f:id:shiraishi2002:20170705154309j:plain

共催セミナー等連携先一覧(Jマッチ)

お疲れ様です、白石です。

Jマッチですが、気がつけばたくさんの大手さんとの連携が実現できています。

 「実際、どんなところとご一緒しているの?」

 よく聞かれますので、こちらのURLを案内させてください。

 ・Jマッチ共催連携先一覧

 オープンにできる事例だけを紹介していますが、結構な数になってきました!
提携希望の方はいつでも私までご連絡ください。

 

f:id:shiraishi2002:20170707165204p:plain