道玄坂日記

ライトアップ代表の白石が日々の出来事と自社の宣伝を書いています。今は宮益坂側にいます。 ちなみに、(株)ライトアップとは元CA社コンテンツ部門スタッフが独立し2002年に創業したネット企業です。現在創業15期目、社員80名の新規事業を延々と実施する会社です。→ http://www.writeup.jp

燕岳は晴天なり!

お疲れ様です、白石です。

昨年8月から登山を初めて早一年、ついに先週「北アルプス」に登ってきました。

そのあたりの経緯はこちらの過去記事をご参考ください。


あれから1年、YAMAP換算で「16の山」に登り、装備も整え(モンベルにはだいぶ支払ったー)、山ラーメンも食べ、来年の目標は「起業に必要なことは全て登山から学んだ」という書籍を出版することにしようと思い至るまでになりました。なんだかリクルート出身ぽいですね(念のため:NTT→サイバーエージェント→ライトアップ)。

 

そして先週、ついに北アルプス「燕岳」初の山小屋一泊コースで登ってまいりました!

結果からいいますと「最高!」でした。

燕岳を選んだのは、次の3点からです。

1.新宿から土曜日7:30の電車で行ける(あずさ3号)
2.日本で一番快適な山小屋「燕山荘」がある
3.北アルプスの「女王」と言われている(優しそう…)

 

毎回、山を登ると思うのが、本当に起業や会社経営と似ているところがあるなと感じています。

・登りは疲れるだけだけど、頂上に上ると全ての苦労を忘れ感動する
・前日の準備は重要
・水や食料が尽きると、突然足取りが重くなる
・水を飲みすぎると疲れやすくなる
・天気が悪いと遭難する
・1人で登り始める人が多い
・下りは楽だけど膝を壊す
・上りと下りが交互に来る山は結果的に体力が温存できる
他多数

書籍になりそうな気がしてきました(笑)。出版の予定は全くありませんが、体力と同時に経営力を鍛えていると信じて、2年目も月一くらいで登っていきたいと思います。

 

そんな燕岳の写真を是非ご覧ください。 

 

まずは登山口から。新宿から2時間30分で穂高駅に。そこからバスで50分ほどで到着です。登山届けを出して出発です!

f:id:shiraishi2002:20170720194743j:plain

 

途中、川で水を汲むことができます。南アルプス天然水が、北アルプス天然水に!

 

大学生のサークル?楽しそうです。山では出会う人全てに「こんにちは~」と挨拶します。燕岳は休憩ベンチが50分ごとに5箇所設置されているため、毎回この団体さんとは挨拶を交わして登っていきました。

f:id:shiraishi2002:20170720195021j:plain

 

途中「合戦小屋」という茶屋があります。ここでは名物スイカを食します。暑い日差しの中のスイカは本当に美味しいです。甘かった! 

f:id:shiraishi2002:20170720195138j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720195254j:plain

 

さあ、燕山荘に着きました。中はこんな風になっています。ご飯も美味しく、快適でした。

f:id:shiraishi2002:20170720195500j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720195532j:plain

 

燕山荘から見る眺めは、本当に素晴らしいです。目の前に、燕岳山頂が見えますが、明日の朝日を見るために今はまだ登りません。ご来光見えるといいな。

f:id:shiraishi2002:20170720195751j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720195654j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720195820j:plain

 

雪の上にテント。寒くないんだろうか。

f:id:shiraishi2002:20170720195911j:plain

 

でも夜は幻想的でした。

f:id:shiraishi2002:20170720195932j:plain

 

そして、午前3時30分に起きて、燕岳山頂に。日の出は4時30分前後。見えるか!? 山頂には30人位の人が来ています。

f:id:shiraishi2002:20170720195956j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720200045j:plain

 

見えました!素晴らしい朝日です。来てよかった。

f:id:shiraishi2002:20170720200121j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720200132j:plain

 

 

 いやはや、本当に感動しました。


後、イルカもいます。右側の尖っている山が有名な「槍ヶ岳」と思われます。

f:id:shiraishi2002:20170720200217j:plain

 

 

遠近感が軽く狂ってしまうほどの風景です。絶景です。

f:id:shiraishi2002:20170720200455j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720200503j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720200351j:plain

f:id:shiraishi2002:20170720200442j:plain

 

ということで、5時30分には宿にもどり、朝食を食べます。6時には下山開始です。皆さん準備中。朝が早い!

f:id:shiraishi2002:20170720200332j:plain

 

帰りは、登山口から出ている新宿駅直行の高速バスに5時間ほど揺られて帰りました。

 

富士山に登ったことが過去2度ほどあるのですが、その時の体験よりも遥かに満足感のある感動の登山でした。
今回登った山は2800mくらいですが、富士山はさらにここから1000mも高い。その為周囲に山がなく、雲しか見ることができません。北アルプスは周囲に3000m弱の山がたくさんあり、本当に遠近感が狂うほどの「圧倒的な眺め」を提供してくれます。

 

翌日の月曜日、もちろん筋肉痛になりましたが、テンションはまだ高いです。早速、会社の社員に「北アルプス、行ってみない?」と勧誘をはじめました。皆笑顔で断ってきますが、何人かは興味を示してくれています。

「え?余裕余裕。あっという間に頂上だよ」

と、嘘を言いまくっていますが、まあ、あの山頂の風景を見てもらえれば、私の嘘も許してもらえると思います(笑)。むしろ感謝されるかと。

 

という、一方的な親切の押し売りをしている日々ですが、もし、ここまでの記事を読んでいただき「ちょっと興味あるかも」と思っていただいた方がいましたら、是非個別にご連絡ください。

おそらく「ライトアップと相性が良い!」と思われます。

弊社に入社していただき、来年は一緒に「ライトアップ登山部」として活動していきましょう!

老若男女、性別年齢は一切問いません。
まずはこちらから白石まで直接ご連絡ください!
件名はもちろん「登山部入部希望」と。お待ちしています^^